成分が持つ効果

年齢と共に肌の水分量が低下してきてしまって、しわやたるみ、シミなどを起こしやすくなってきます。水分量が低下してしまう原因には、肌のバリア機能の低下にあります。バリア機能は水分が蒸発しないようにガードする役目を持っているのですが、これが弱まってしまうことにより、肌が乾燥しやすくなります。角質のバリア機能のうち、水分を8割ほど含んでいるのが細胞間脂質です。その大切な成分であるのがセラミドで、加齢によってセラミドが減少し、水分を維持することができなくなります。そのため、エイジングケアでセラミド配合の化粧品を使用して、補ってあげるのが有効です。みずみずしい水分をたっぷりと含んだ肌になることができて、肌トラブルの改善にも役立ちます。

ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルの原因には、肌表面の角質層の乱れが主なものです。角質層の水分量が少なくなると、様々な肌トラブルが起きるようになり、肌が乾燥してしまいます。ニキビは皮脂が原因だと思われがちですが、乾燥によって肌を守る機能が働くため、皮脂をたくさん分泌して肌を潤そうと体が働いてしまうのです。それが原因で毛穴に皮脂や古い角質などが詰まりやすくなり、炎症を起こしてニキビができてしまいます。これらの肌トラブルを改善するためには、角質層にしっかりと水分を補給し、それが逃げないようなケアを施す必要があります。また、肌が乾燥していると皮脂も少なくなっているため、代わりに働いてくれる油分を補う必要があります。